イラスト上の施設や物資をクリックして、コレラ治療センターの詳細をご覧ください。

殺菌消毒

殺菌消毒

© Sally McMillan/MSF

CTCの内部に入る人は全員が必ず、足を殺菌消毒するための塩素消毒エリアを通ります。手洗いも必要となります。その後、患者は問診を受けて、それぞれの治療エリアに向かいます。患者の衣服は塩素溶液で洗濯され、シャワーがあるCTCでは患者が治療を受けた後に体を洗うことができます。


廃棄物管理

廃棄物管理

© Robin Meldrum/MSF

コレラ菌を広げないために、汚染された廃棄物は焼却するか埋め立て処分にします。廃棄物には布やビニールごみなどの柔らかい物や、注射針やガラスなどの鋭利な物、有機廃棄物などがあります。


トイレ

トイレ

© Erico Hille

CTCには排泄物を一定の場所で管理できるようにトイレが備え付けられています。これによってコレラの感染拡大を防ぐことができます。


清潔な水

清潔な水

© Cecile Dehopre/MSF

清潔な水の供給は必須です。コレラの治療は、下痢や嘔吐によって失われた体内の水分を補給することで行われるからです。このタンクの水は人の飲用にも安全なように塩素処理によって殺菌してあります。


専用ベッド

専用ベッド

© Susan Sandars/MSF

急性期の患者は、排泄物の処理に便利なように穴の開いた専用ベッドで治療を受けます。ベッドの下にはバケツが用意されています。また、嘔吐の症状がある患者には、もう1つのバケツがベッドの脇に置かれます。バケツは定期的に交換し、廃棄物は衛生的に処理され、バケツは塩素で消毒されます。専門の衛生チームが飛散したものなどをすぐに清掃し、塩素で消毒します。


水分補給

水分補給

© MSF

重症患者はCTC内の急性期エリアに入院して、水分補給用に塩類を調合した点滴などの治療を受けます。回復するにつれて水に溶いた補水塩を飲む治療に進みます。子ども、高齢者、妊婦など重症になりやすい患者は、抗生物質を飲んだり、亜鉛のような栄養補助食品をとることもあります。


回復

回復

© Sven Torfinn

回復してきた患者は、回復エリアに移ります。ここでは経口補水塩による治療と、完全に回復するまで経過観察を行います。


物流と運営

物流と運営

© MSF

物流担当は常に医療物資の在庫を切らさないようにしています。特に重要なのは、経口補水塩、塩素、水、点滴器具、水分補給用に塩類を調合した液剤です。国境なき医師団(MSF)の医療スタッフは、所定のコレラ治療ガイドラインに沿って活動を行い、できる限りCTCを効率的に運営し、患者が最善の治療を受けられるようにしています。


国境なき医師団(MSF)について

国境なき医師団(MSF)は非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体です。1971年に、フランスの医師とジャーナリストにより設立されました。現在、世界19ヵ国に支部を持つ国際的な組織です。

危機に瀕した人びとへの緊急医療援助を主な目的とし、医師、看護師をはじめとする約4,700人の海外派遣スタッフが、約2万400人の現地スタッフとともに世界64ヵ国で活動しています(2009年度)。日本からも、2009年、55名の海外派遣スタッフが、24ヵ国、計75回、援助活動に従事しました。

MSFの活動資金は、そのほとんどを民間からの寄付(MSF日本は100%)でまかなっています。それは資金の独立性と透明性を保ち、どんな権力からの影響も受けず、自らの決定で必要な場所へ援助を届けるためです。公的資金の割合を抑えることで、活動の自由を確保しています。

MSF日本事務局では随時、海外派遣スタッフの募集を行っています。医者、看護師、薬剤師などの医療従事者、及び、ロジスティシャン(物資調達、施設・機材・車両管理など幅広い業務を担当)、アドミニストレーター(財務・人事管理責任者)など、さまざまな分野で活躍する非医療従事者も募集しています。

詳しくはMSF日本の公式サイトへ